today2018.09.09

『運用資金は200万円。そのうち儲けは200万円』どのようにそんな投資法を確立してきたのか

私は現在投資をしています。
こんなブログをしているのだから当たり前かもしれませんね。

ある投資法をしているのですがその運用資金は200万円ほど。
30歳を過ぎ10年以上投資をしているのですが、それほど多い運用額ではありません。

しかし、そのうちの儲けにあたるのが200万円です。
そう聞くと「あれ?本当に?」って思いませんか?

どのようにここまで至ったのか、その歩みをご紹介しましょう。

高校時代の村上ファンド&ホリエモンに衝撃

Sean Pollock
Sean Pollock

私は小さい頃から算数、数学が大好きでした
将来は「数学を使った仕事をしたいな」と漠然と考えていました。

「大学も理学部数学科に行こう」
そう思っていた高校2年生の冬。

ある事件が起きます。
「物言う株主」の異名を持つ村上ファンドがニッポン放送の買収を仕掛けました。
実はフジテレビはニッポン放送の子会社でした。
しかし規模は子会社のフジテレビのほうが大きいというねじれた実態。
筆頭株主となり経営権も握るところまできた村上ファンドはねじれを解消するよう動いていました。

しかしそこにホリエモン率いるライブドアが参戦
一気にニッポン放送株を買い集め筆頭株主になります。
日本のマスメディアをガラッと変えるつもりだったのでしょう。

その後も村上ファンド、ホリエモン、ニッポン放送はいろいろあったんです。
もっと話したいんですがここでは詳細は省略させていただきます。
詳しくはこちらからご覧ください。
ニッポン放送の経営権問題#ライブドアによる敵対的買収事件

その中で飛び交う様々な言葉たち。
筆頭株主?
TOB?
東京証券取引所の時間外取引?
第三者割当増資?
ホワイトナイト?

気になったら調べなければ気が済まない性分のため必死に調べました。

え、めっちゃおもしろい!!

はじめて触れた経済や金融のこと。
数学大好きな私にとってはハマるには十分過ぎました。

理学部数学科への進学を疑わなかったのですが、もはや数学の一分野ともいえる経済への情熱は冷めません。
その想いのまま理工系の学部で経済を学べる学科に進学しました。

20歳の誕生日に証券会社に申し込み

picjumbo.com
picjumbo.com

大学に入学した私はミクロ経済学やマクロ経済学を学んでいきます。
やはりそこには数学の海が広がっていました。

しかし、それでは満足できません。
自分で投資がしたい

私は20歳の誕生日その日に証券会社へ口座開設の申し込みをしました。
若干二十歳の大学生でもすぐに口座が開けました。

最初の入金はアルバイトで必死に貯めた10万円。
選んだのは当時は高いレバレッジで大きなお金を運用できると人気だったFX。

FXにのめり込みたった1時間で6万円ゲット

FXは少ない資金で大きい投資ができるレバレッジが魅力です。
休み時間に注文を出し、授業が終わった1時間後にはプラス6万円ということもありました。

時給1000円のバイト? そんなんやってられんわ。

そうは思ったもののアルバイトは辞めませんでした。
なんだかんだ真面目な性格です。

結局学生時代に-20万円

1時間で6万円なんてのは結局たまたまです。
経験も知識もありません。

ちょうどこのときにリーマンショックもありました。
私は短期トレードということもあり少しだけ儲けさせて頂きました。

そう言っても最終的には20万円も損を出してしまいます
学生にとってはかなり大金です。
だって時給1000円で1食500円以下の生活なんですから。

そんなこんなで就活生に。
将来は金融機関で研究職もいいなと思いながらIT系の会社に入ります。

自社株や個別株でちょこっと儲かる

Serge Kutuzov
Serge Kutuzov

新卒で入社した会社で自社株をいくらか買いました。
割安で買えるんならお得じゃんぐらいの軽い気持ちです。

また、生活水準は学生のままですが給料はもらえるようになり生活に余裕が出てくるもの。
貯金するのは無駄だと思い個別株を買い始めました。

しかし徐々に仕事が忙しくなってきて株の売買をする余裕がなくなってきます。
1年ぶりに証券会社のWebサイトにログインしてみると…。

え? 地味に儲かってる

リーマンショックから立ち直りつつありアベノミクスの最初期の波にうまく乗れました。

学生のときは常にチャートを見て売買を繰り返しマイナス。
今は1年放っておいてプラス。

このときから私は長期投資の虜です。

そんな生活も数年が過ぎ、私のライフステージも変化します。
結婚と出産です。
お金が飛ぶように出ていきます。

このままでは絶対に無理

私は投資が趣味なのですがもうひとつ趣味があります。
それは海外旅行です。
年1回以上、海外旅行に行かないと精神がもちません。

しかし、お金がない…。

お得に海外旅行に行く方法はないものか。
私は模索をはじめます。

秘密の投資法の発見はお得に海外旅行に行きたかったから

Artem Bali
Artem Bali

航空券さえ安くなればもっと海外旅行に行けるのに…。
マイルを使えば航空券が無料になるようだ。
どうすればマイルを貯められるのか。

たどり着いたのはポイントサイトでした。
ポイントサイトは独自のポイントがもらえるショッピングモールのようなものなのですが、そのポイントを航空会社のマイルに交換することで大量にマイルを貯めることができます。

ポイントサイトとはなんなのか詳しくはこちらをご覧ください。
ポイントサイトの仕組み。なぜ利用者がポイントをもらえるのか

ポイントサイトは航空会社のマイルだけでなく現金にも交換できます。
そう、ポイントサイトを使えば旅行をお得に行けるだけでなく、投資の元手にもなるじゃないですか。

無理に節約せずとも安定的に会社の給料以外の収入源を得ることができました。

しかし、仕事に家事・育児に時間が取られ満足に投資にあてられません。
それなら手間なく長期目線でプラスになる投資をすればよいのではないかと考えます。

手間なく、長期目線でプラス…。
私はインデックス型の投資信託を長期保有することに決めました。
インデックス投資は安定的に伸びると思え、日々の売買の手間もかかりません

ここで勘付いた方がいるのではないでしょうか。
一番最初にお伝えした『運用資金は200万円。そのうち儲けは200万円』
「儲けは200万円」の部分が気になりませんか?

そうなんです。
「投資での儲けが200万円」ではありません。

ポイントサイトを使いノーリスクで元手を手に入れインデックス投資に回します。
ポイントサイトとインデックス投資の合わせ技で儲けが200万円なんです。

実は投資をせずともポイントサイトだけでコストほぼゼロ、ノーリスクで現金を手に入れることが可能です。
今からでもすぐに月1万円ぐらいは獲得できます。

私は着実に資金を増やしていくためにポイントサイトとインデックス投資の両輪を回し続けていきます

これからは『ポイ活投資法』を投資初心者に実践してもらいたい

Eric Nopanen
Eric Nopanen

「投資はゼロサムゲーム」と言われることがあります。
「誰かが得をすると誰かが損をしている」という意味です。

しかしインデックス投資はそうではありません。
みんなで儲けることができます

インデックス投資は経済の勢いを表していて長い目で見ると右肩上がりです。
同じように買っていればみんなで儲けることができます。
そして極端なことをいえば知識がなくても問題ありません。

その他にも投資初心者の方にインデックス投資をおすすめする理由があります。
【初心者向け】なぜインデックス投資が投資初心者におすすめなのか。3つの理由で解説します

私はこのポイントサイトとインデックス投資を組み合わせる方法を『ポイ活投資法』と名付けました。
いっしょにポイ活投資法でちょっとリッチな生活を送りましょう。

【完全版】元手ゼロ・知識ゼロのインデックス投資『ポイ活投資法』のすべてを徹底解説

おまけ:なぜブル(雄牛)なのか

投資の世界ではブル(雄牛)とベア(熊)の2種類の動物が出てきます。

ブル(Bull)は強気のことで、雄牛が角を下から上へ突き上げる仕草から相場が上昇していることを表し、ベア(Bear)は弱気のことで、熊が前足を振り下ろす仕草、あるいは背中を丸めている姿から相場が下落していることを表す言葉として使われています。

引用元: 初めてでもわかりやすい用語集|SMBC日興証券

ブルは株価など相場がどんどん上昇していくことを意味します。
ポイ活投資法を実践するみんなの投資先が上昇し、資金がどんどん増えていくことを願いブルをキャラクターとしました。

投資(とうし)だから牛を思いついたというわけではありませんよ。
決してそんなことはありません。決して。