today2018.10.04

【投資初心者向け】ロボアドバイザーは必要ない。自分で同じように運用する方法を教えます

report_problem注意
投資は自己責任です。
くれぐれも無理をしない範囲で、自分でよく確認してから判断してくださいね。

「ロボアドバイザーなら知識がなくても投資ができる」と聞き、投資を「運用を始めてみようかな」と思いましたか?

しかし冷静になって考えてみてください。
本当にロボアドバイザーは本当に必要なのでしょうか

私は以前、とあるロボアドバイザーを利用していました。
半年近く運用を続けていたのですが今はすべて解約し自分で行っています。

結論から言うとロボアドバイザーは必要ない

私は現在ロボアドバイザー利用時以上の運用実績を残すことができていますし、ロボアドバイザーが提供するサービスと同じものを自分で難なく利用しています。

私に才能があるからだと思いました?
投資初心者の方でも問題ありません。

この記事ではロボアドバイザーを使わなくても自分でしっかり運用できる方法もご紹介していきます。

そもそもロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーはロボット(コンピューター)があなたに変わって投資する金融商品を選び売買を行ってくれます。

そしてほとんどのロボアドバイザーにはこれらの機能があります。

  • 運用プランの決定
  • 定期的なリバランス

それではどういった機能なのかみていきましょう。

質問をして運用ブランを決定

ほぼすべてのロボアドバイザーでサービス開始時に以下のような質問を聞き、運用プランを決定します。

  • 年齢
  • 年収・資産
  • どれだけリスクを取れるか

これらの質問からあなたにピッタリの投資対象を決め運用してくれます。

定期的なリバランス

ロボアドバイザーが売りにしている機能のひとつが「リバランス」です。
初めて聞いた言葉かもしれませんが、意味はとても簡単。

投資のリスクを下げるための方法のひとつが「分散投資」。
ひとつの金融商品に集中して投資するのではなく、複数の対象に分散して投資をすることです。
例えば自動車株とIT株であったり、日本企業の株とアメリカ企業の株、株と債券など異なるカテゴリーに投資をします。

複数に投資先を分散させることで値下がりの影響、つまりリスクを小さくすることができるんです。

まず最初、運用を始めるときに「日本株を70%、アメリカ株を30%」といった分散のバランスを決めます。
時間が経つともちろんそれぞれ価格が上下するので最初に決めた割合からズレてきますよね?
「日本株はダメだけどアメリカ株は順調」となると「日本株を60%、アメリカ株を40%」で資産を持っている状態に変わってきます。

ここで出てくるのがリバランス。
この例ではアメリカ株が当初の予定より10%分多くなってしまっています。
そこで10%分のアメリカ株を売却し、その分の日本株を購入します。
すると運用開始時に決めた「日本株を70%、アメリカ株を30%」に戻りましたね。
これがリバランスです。

リバランスをすることでアンケートで決めた運用プラン通りに運用を続けることができるんです。

「質問から運用プランを決定」と「リバランス」がロボアドバイザーのメインとなる機能です。
でもこれって実は自分でもできるんです。
しかも知識がない投資初心者でも。

ロボアドバイザーのサービスは自分で代替できる

ロボアドバイザーで運用することで主にこれらのサービスを利用できます。

  • 自分のスタイルに合った運用プランがわかる
  • 定期的なリバランス

この2つがロボアドバイザーを利用する目的とも言えるのですが、知識がない投資初心者のあなたでも自分でできるんです。
時間がなくても大丈夫。
手間はかかりません。

運用プランの診断は証券会社が提供している

質問から運用プランを提案してくれるのはロボアドバイザーだけだと思っていませんか?
そんなことはありません。
証券会社も同じような診断サービスを提供しています。

例えばマネックス証券。
「投信ポートフォリオ診断」というツールを提供しています。
ちなみに「ポートフォリオ」というのは投資先の組み合わせのことです。

投資に関する質問4問に答えるとあなたにおすすめの投資先と運用シミュレーションを教えてもらえます。
診断は無料で会員登録や口座開設は必要ありません。

試しに私の診断結果をお見せしますね。
まずこちらが毎月1万円をどんな配分でどこに投資すれば良いのか。
ちなみに私のリスクランクは1−9のうち真ん中の5でした。

投信ポートフォリオ診断 | マネックス証券
投信ポートフォリオ診断 | マネックス証券

国内株式、先進国株式、国内債券が多めのあまりリスクを取らない結果になりましたね。

続いてこの運用先で月3万円ずつ積立投資をした場合のシミュレーションがこちら。

投信ポートフォリオ診断 | マネックス証券
投信ポートフォリオ診断 | マネックス証券

赤い線が予想される運用結果の真ん中、その上下25%が薄いグレーです。
やはり積立投資は後半の伸びが大きいですね。

証券会社の診断ツールを使えばあなたに合った運用プランがわかります。

続いてはリバランスです。

年に1回投資先を見直そう

投資を始まる前に診断ツールを使い、どこにどれだけ投資をするかを決めました。
当たり前ですが株価などは日々上下に動きます。
すると最初に決めた投資先の分配割合から徐々にズレが起きてきます。
これを元に戻すのがリバランスです。

何も難しいことはありません。
割合が多くなってしまったところを売り、少なくなってしまったところを買えば完了。

例えば私の診断では「国内株式を26.2%持つと良い」という結果になりました。
株価が上昇し国内株式の割合が全体の36.2%になったとします。
10%分増えたことがわかりますか?

一方で先進国株式と新興国株式が5%ずつ減ったとします。
その場合には10%分の国内株式を売却し、先進国株式と新興国株式を5%ずつ購入します。

すると一番最初に決めた配分に戻りますね。
これがリバランスです。

「やり方はわかったけれど、いつリバランスすればいいの?」と思いますよね。
月に1回積み立てているのであれば年に1回リバランスすれば良いでしょう。
長期目線でいることが大切ですし、毎日チェックするのは大変です。
私はいつも年始にリバランスをして、その年の投資をスタートするようルールを決めました。

運用プランの診断とリバランスは自分でできることがわかりました。
では自分で運用する場合とロボアドバイザーの手数料を比較してみましょう。

ロボアドバイザーの手数料は高い

ロボアドバイザーはどのような手数料がかかるか見てみましょう。
大手はこの2社。

  • ウェルスナビ
  • THEO

2018年10月4日現在の手数料は2社とも同じでした。
3,000万円以下は年1.0%、3,000万円を超えた分は年0.5%です。
つまり100万円運用していると年に1万円の手数料が取られます。

高いですか?安いですか?

自分で投資をしたときと比べてみましょう。
人気のネット証券会社の「SBI証券」で、国内株式型の「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」の手数料はこちら。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) | SBI証券
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) | SBI証券

買付手数料はなし、信託報酬は0.171712%以内です。
100万円運用していると年に多くて約1,700円。

ロボアドバイザーの手数料も、この信託報酬も運用額に対してかかるのでほぼ同じ意味になります。

ロボアドバイザーは手数料1%、自分で買うと信託報酬0.171712%。
ロボアドバイザーは年に1万円、自分で買うと年に1,7000円。

どちらがお得かは一目瞭然ですね。

ロボアドバイザーに頼らず自分で投資をしよう

運用プランの診断は証券会社の無料ツールでできますし、リバランスは年に1回売買をすれば十分です。
手数料や信託報酬など運用額によって引かれる額はロボアドバイザー自分での運用のなんと約6倍。

運用プランが同じならほぼ同じリターン、ほぼ同じリスクなんですから手数料が少ないほうがお得に決まっています。

投資ブログなどでおすすめされているからといって安直にロボアドバイザーで運用するのはやめましょう。
少し考えればロボアドバイザーはお得ではないということがわかりますよね。

なぜ投資ブロガーは熱心にロボアドバイザーをおすすめするのでしょうか。
実はロボアドバイザーを紹介する動機があるんです。

投資ブログでロボアドバイザーが書かれまくっているのは“紹介”で儲かるから

投資ブログを読むと「投資初心者にはロボアドバイザーがおすすめ」と書いてあるのをよく目にします。
ここまで読んだあなたならもうロボアドバイザーに頼らずに自分で投資できるはずです。

それでも投資ブログでロボアドバイザーの記事が後を絶たないのには理由があるんです。
それはロボアドバイザーを紹介すると儲かるからです。

金融商品を買い投資をすると儲かるかもしれませんが反対に損をすることもあります。
リターンにはリスクが付きものですからね。

しかしいくつかのロボアドバイザーではブログを読んだ人が登録してくれると、そのブログを書いた人に紹介料を支払っています。
いわゆるアフィリエイトというものです。

極端なことを言ってしまえばそのロボアドバイザーが良いか悪いかは関係なく、読者が自分の記事を読んだあとにロボアドバイザーに登録をしてくれればいいんです。

投資はリターンを得るためにリスクを取ります。
一方でアフィリエイトは記事を書けばいいのでノーリスクです。
アフィリエイトが投資で確実に儲かる唯一の方法と言っても良いでしょう。

だから自分で投資はできるし手数料も安いということを知っていてもロボアドバイザーを勧めるんです。
これが投資ブログでロボアドバイザーの紹介記事をよく見る理由です。

まとめ

ロボアドバイザーはあなたに合った運用プランを決め、リバランスなど最適なプランで運用を続けられるよう調整をしてくれます。
とても便利なサービスで「投資について全く考えたくない」という方にはおすすめです。
しかし手数料が年間1%と高いのがネック。

一方でロボアドバイザーを使わず自分で売買をすることも選択肢のひとつです。
証券会社が提供する無料診断ツールを使い運用プランを決めます。
年に1回リバランスをしてポートフォリオを調整しましょう。

確かにリバランスの際には自分で売買しなければいけないので少し手間がかかりますね。
それでも信託報酬が6分の1。

さて、あなたはロボアドバイザーを使いますか?自分で証券会社で買ってみますか?